KAMINOGO FUKUSHIKAI

Copyright 2019 KAMINOGO FUKUSHIKAI All Rights Reserved
Document request

資料請求

PHILANTHROPY

PHILANTHROPY

コンセプト

厚生労働省による「地域共生社会実現」政策のキーワードは、「我がごと、丸ごと、地域共生社会実現」です。
東京オリンピック開催の翌年の2021(令和3)年から全面展開としています。

What’s MARUGOTO ?

「丸ごと」とは

「丸ごと」とは、高齢者福祉・障害者福祉・児童福祉・生活困窮者その他福祉ニーズの縦割り運用から、窓口を一つとした包括化のみならず、公共福祉の制度の狭間に落ちている地域福祉ニーズまでも包含する「丸ごと」と捉えるべきと考えます。

What’s WAGAGOTO ?

「我がごと」とは

「我がごと」とは、少子高齢化・財政困難な我が国において、全てを「公的福祉・公共福祉」の制度により賄うことが不可能となってきていることから、既存の「公的福祉・公共福祉」に加え、補完する意味でアメリカ型の、各社会福祉法人ごと、あるいは連携による自前の民間資金調達(個人あるいは企業からの寄附金・民間財団からの助成金等)による「民間福祉」時代の開始を意味すると考えられます。

地域における公益的な取り組み=ソーシャルビジネス
フィランソロピー慈善事業

philia

フィリア -愛-

Anthropos

アンソロポス -人類-

Philanthropy

フィランソロピー

「フィランソロピー」とは、ギリシャ語のフィリア(愛)とアンソロポス(人類)を語源とする合成語で直訳すると人類愛、慈善となります。
日本では「社会貢献」の意味で使われています。

フィランソロピーの一環として行われる活動の中心となる両輪は「寄附」と「ボランティア」の2つです。

とすれば、「地域共生社会実現」政策の始動をきっかけとして、求められる新しい社会福祉法人のあり方は、公共福祉の事業展開に加えての「民間福祉事業」の展開ということになります。

exampl公共放送 VS 民間放送 資金を誰が出しているかの違いと同じ考え

事業計画

  • 社会福祉法人上ノ郷福祉会は、フィランソロピーで、社会のどのような課題を解決したいのか?
    どのような状態にある人、世帯を救いたいのか?
  • 理念・ミッションとは公益法人にとって溢れ出る慈善の欲望でなければなりません。
  • 民間資金調達、ファンドレイジングとは、単なる寄附のお願いの活動ではなく、眼前に存在する社会的課題の存在の周知活動であり、その解決のためのパートナー作りであるといわれています。
  • 社会福祉法人として、どのような福祉課題を解決するのか?
  • 公共福祉のみでは手が足らず、民間福祉との連動による効果が見込まれるものとは?
  • 我々は、世の中から、目を覆うような悲惨をなくしたいと考えます。
  • 国の宝、国力の基本は、若い世代、就中、「子ども」です。
  • 「子ども」に関わる悲惨な事態とは?
  • 社会福祉法人上ノ郷福祉会が、やりたいこと・やるべきことは、「虐待による乳幼児・子どもの死」を熊本市から根絶することと決めました。